道路上を自動車を走行させる場面では、道路状況に合わせた運転を行うことが必要になります。特に交差点を通過することが必要な場面では、十分に注意しながら走行させることが必要になり、例えば左折を行う際には歩行者と左後方の巻き込みに十分に注意することが必要とされています。右折を行う場面では、交差点内の右側の車線を利用することになりますが、横断歩道上の歩行者等に配慮することも必要ですが、対向車や道路の脇を走行しているバイクなどにも十分に注意することが求められています。交差点内で信号が赤に変わってしまった場合では、速やかに渡り切ることも前提とされているのですが、前方の道路状況を見極めて走行させることが何よりです。地域によっては踏切が設定されている道路も存在しています。踏切に関しては必ず渡る前に一時停止を行うことが必要とされており、左右の安全を十分に確認した上で、速やかに線路上を渡ることが基本とされています。特に寒冷地などで積雪のある路面状況では、上手に発進することが困難な状況を持っている道路も存在しています。このケースでも、路面状況を事前にしっかりと把握した上で、安全な速度を保って走行させることが必要とされています。